ちょっと気になる小型株分散投資
株式投資において機関投資家に比べて個人投資家は、
流動性がほとんどなく時価総額が小さな所謂小型株に投資することができるので、
この点は機関投資家に比べて有利だと思います。ですから、個人投資家は、
機関投資家が投資したくてもできないような流動性がほとんどなく時価総額が小さな小型株を専門に売買すれば、
機関投資家に負けない投資パフォーマンスを出すことができると思います。

「XM」での資金管理と取引口座の種類

 世界の国や地域で発行されている通貨を銘柄にし、外国為替市場の為替相場の変動を利用して利益を求めていく投資取引がFXになります。

新しい投資の形として、近年大きな人気を集めており、このFXを金融商品として提供する業者は、国内だけではなく海外にも存在しており、様々なサービスやキャンペーンなどをセールスポイントとして顧客である投資家の獲得に力を入れているのですが、こうした取引業者の競争が激しい中において、国内の投資家からも高い評価を受けているのが「XM」なのです。

海外のFX取引業者を国内で利用するにあたって、最も問題となるものの一つに、異国間での入出金の管理になります。

こうした場面での行き違いなどは、トラブルやクレームに発展しやすく、言葉の壁とも相まって、日本国内での海外取引業者の利用についての大きな障害となっていることは否めないでしょう。
しかしながら、このXMはこうした障害を取り除き、日本の顧客に対してもより良いサービスを提供しようと日々営業努力を続けています。

こうしたことからMXでは入出金について様々な方法を用いることができるように設定がされています。
まずはクレジットカードの取り扱いですが、VISAやMasterCardといった一般的なものが利用でき安心度も非常に高くなっています。

これ以外では、近年にその用途を大きく伸ばしているネットバンクで、世界中で利用されて信頼が厚い、Neteller、Skrillといったものを利用することが可能で、ネットバンクでは国や地域を関係なくどこでも利用できるために、海外へ資金を移送する手段として今もっとも使われています。

海外ショッピングサイトや海外企業への支払い、海外出張や留学などの際の二国間の送金などに強い力を発揮するために、このXMのFX取引においてもとても相性がよく、ネットバンクでの入出金では、XMのヘッドオフィスでの24時間以内の事務手続き終了後は、即時に入出金の反映が行われます。

また、XMでは、口座の種類によっては最低取扱金額は5ドルからとなっているために、少ない資金であっても気軽に入出金をすることができるのです。

XMでは、投資家が実際に取引きを行う際に利用する取引口座について、種類を設けており、「マイクロ口座」「スタンダード口座」「XM Zero口座」の3種類に分かれています。

マイクロ口座では、最小取引通貨単位を1千単位からと設定しているために、少ない通貨の売買が可能であるために、初心者の投資家に向いている口座になります。
もちろん、小さな資金であっても、取引きする通貨の取扱量を大きくすることができるレバレッジは、888倍まで使うことができるために、しっかりとした利益を作り出すことができるため、本格のFX取引を行うことができます。

スタンダード口座では、最小取引通貨単位が1万通貨単位と設定されている最も標準的な口座で、マイクロ口座と同様にレバレッジは888倍まで、取引手数料が無料、入出金に必要な最低入金額もわずか5ドルの設定になっています。

XM Zero口座では、レバレッジが500倍、手数料も有料入出金に必要な最低入金額は100ドルからという設定になっているのですが、通貨売買の際のコストになるスプレッドがゼロに設定されているために、取引きの邪魔にならない特徴を持っています。

このように、顧客のニーズに合わせた資金管理と取引口座を用意しているXMは、今後も注目を集め続ける海外FX取引業者の一つといえるでしょう。